キャッシングの残高と利息の関係

キャッシングの利息は、残高と年利から算出されます。年利とは、業者が設定している利率のことで、契約時に提示されています。このため、残高の金額が多いほどに、年利が高いほどに利息も高くなります。
例えば10万円を年利15%で1か月借りた場合は、10万円x0.15÷365日x30日=1233円となり、1か月後に全額返済する時には101233円を返す計算となります。
実際には月々1万円など毎月の返済額が決められており、仮に1万円とした場合、残金は91233円となります。この金額に対して翌月の返済日まで利息が再計算され、返済した後にまた翌月までの利息が計算されます。
このため、毎月の返済額が少額の場合は借りやすい反面、返済総額が大きくなることもあります。出来る限り返済総額を減らしたい場合は、毎月多めに返済します。月々の決められた返済額以外にも、多めに返済することに対応している業者は多く、消費者金融の場合はほとんどの業者が対応しています。
クレカのキャッシングについても、別口で返済用の専用口座を設けている業者もあり、窓口に問い合わせ確認します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *